このエントリーをはてなブックマークに追加

(主に)Amazonの購入履歴から、2017年前半に買ったもので満足度の高かったものをただただ挙げていきます。


1.5万円でこの洗練されたデザイン、コスパ最高だった。完全におすすめ。

ただ、実は最近デスクトップパソコンを処分したのでデスクも不要になって手放した :sweat_smile:


郵便受けにこれ貼ったらパッタリとチラシの投函がなくなって心の平穏が手に入った。貼らない理由がない。


山崎実業 サイドテーブル プレーン ホワイト 2341
Yamazaki (2014-08-26)
売り上げランキング: 44,827

サイドテーブルって、手頃な値段だとなぜかクソダサいやつしかなくて、シンプルでかっこいいやつは高級レンジにしかなかったりして悲しんでたけど、これは見た目もそこそこよくて値段も手頃だったので最高の出会いだった。完全におすすめ。


パナソニック コードアジャスター 2kg以下用 ブラック LK01089
パナソニック
売り上げランキング: 141,980

天井照明のコードをちょうどいい長さに調整するためのアジャスター。

巻いたコードを完全に隠せるのでかなりスッキリした仕上がりになってとても良い。


フィリップス メンズシェーバー 9000シリーズ S9181/12
Philips(フィリップス) (2015-09-01)
売り上げランキング: 31,272

これはやばい。2万円の価値完全にあった。

自分はかなり肌が弱いのでT字カミソリとか論外で、電気シェーバーでもかなり慎重に使わないと流血したり肌真っ赤になったりするんだけど、こいつは何も考えずにグイグイ剃っても肌まったくノーダメージ。何往復しても肌痛めないのでしっかり深剃りもできる。ありがとうフィリップス。


トンボ セパ スリムペダル 45 (46L)
新輝合成
売り上げランキング: 77,225

今までオシャレぶって30リットルの小さめのゴミ箱に45リットルのゴミ袋をセットして使ってたけど、それだとゴミ箱がいっぱいになったあと取り出した袋を裸でゴミ箱の上に置いて袋がいっぱいになるまでしばらくそのまま使っちゃったりして、結局一番ダサい運用になってしまってたので、ちゃんと45リットルのゴミ箱を使うようにしたら人生変わった。


[ソニー] Sony(ソニー) MESH 明るさタグ(Brightness) MESH-100PA
ソニー
売り上げランキング: 143,279

電子工作なしで気軽に使えるセンサーデバイスを探してて、丸3日ぐらいググってついに出会ったやつ。

自宅のインターホンに録画機能がなくて不在時にインターホンが鳴ったかどうかを知る術がないのが不便だったので、この光センサーをインターホンの画面に設置して、画面が光ったら IFTTT でiPhoneに通知するようにした。

iOS/Androidアプリが母艦として必要なので、こういう使い方をする場合は自宅に置きっぱなしにできるiOS/Androidデバイスが一台必要なので要注意。


最近猫を飼い始めたので、脱走防止のために玄関にベビーゲートを設置する必要があった。

一般的なベビーゲートのデザインはどうしても許容できなかったので、比較的スタイリッシュなやつを必死でググって探しまくって見つけたやつ。ちょっと値段は張ったけど致し方なし。


このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の現在の照明とエアコン周りのソリューションを晒してみます。どこかの誰かの参考になれば。

1. 活用しているガジェット

IRKit

IRKit はWi-Fi機能付きの赤外線学習リモコン。

自宅のWi-Fiに常時接続してくれるので、自宅内はもちろん外出先からでも任意のリモコン信号を発信させることができる。スマホアプリ(iOS / Android)からだけでなく HTTPリクエスト経由でも操作できる ので、ハッカーにとっては夢が広がるデバイス。

厳密にはIRKit自体が信号を覚えるわけではないので、学習リモコンというよりただの赤外線信号送出装置。

こんな感じでiPhone(やAndroid)から家電を操作するのが基本的な使い方。ウィジェットにも対応していて便利。

flic

flic は様々なWebサービスやデジタルガジェットと連携できるシンプルなスマートボタン。

何やかんや色々できるけど、結局自分は今のところ自宅内での家電の操作にしか使ってない :sweat_smile:

2. 照明について

別々のコンセントに繋いだ間接照明をまとめて操作

まずどうしても譲れないポイントとして、別々のコンセントに繋いでいる間接照明をまとめてON/OFFしたいというのがあった。

そこで、

リモコンコンセント OCR-05W OCR-05W
(株)オーム電機
売り上げランキング: 3,277

とりあえずこれを3台(照明を繋いでいるコンセントの数)使って、このリモコン1つですべての間接照明をまとめてON/OFFできるようにした。

ただ、このリモコンがとにかくダサすぎて絶対に部屋に置いておきたくなかった(笑)ので、ちょうど持て余していたflicボタンをリモコン代わりに使うことにした。(本体も十分にダサいのでもっとかっこいいやつ誰か作ってほしい)

方法は簡単で、flicボタンを押したらIRKitがリモコンコンセントのリモコン信号を送出するように設定するだけ。flicボタンのクリックで間接照明ON、ダブルクリックまたは長押しで間接照明OFFという風に設定した。

これで、間接照明がflicボタン1つでON/OFFできるようになってとてもスッキリ。

毎日一定の時刻になったら間接照明を自動でON/OFF

間接照明をIRKitからON/OFFできるようになったので、IFTTT を使って

  • 毎日20:00になったら間接照明を自動でON
  • 毎日23:00になったら間接照明を自動でOFF(寝ろの合図)

するようにしてみた。

IFTTTで Date & TimeMaker を使えば、特定の時刻に任意のHTTPリクエストを送出できる。

天井照明のリモコン化

天井照明は間接照明に比べると普通にリモコン式のものが多いのであまり問題にならないと思うけど、おしゃれなペンダントライトとかだとリモコン式じゃなかったりするので、そういう照明を使う場合は

これ使えばシーリングをリモコン化できるので、必要に応じて導入してみてもいいと思う。(例によってリモコンがとてもダサいけど笑)

3. エアコンについて

エアコンの操作って、実はON/OFFしか使ってなくね?

これに気付いたときは思わずガッツポーズした。

エアコンって夏は冷房、冬は暖房しか使わないし、部屋の環境が特に変動しないので温度も風量も風向きも別に変更したくなることない(もちろん人によると思うけど)。つまり部屋にエアコンのリモコンなんて置いてなくても、flicボタン1つあれば特に困らない。

というわけで、間接照明と同様に、flicボタンのクリックでエアコンON、ダブルクリックまたは長押しでエアコンOFF、という風にしてみた。思ったとおり何も困らないし、部屋からエアコンのリモコンを追い出せてとてもハッピーになった。

エアコンON時に冷房を入れるか暖房を入れるかは季節が変わったタイミングでflicの設定を変えるという運用

毎日一定の時刻になったらエアコンを自動でOFF

こちらも間接照明と同様に、IFTTT で自動OFFをセットしてみた。

  • 平日の朝8:00になったらエアコンを自動でOFF(そろそろ出社)
  • 毎日22:30になったらエアコンを自動でOFF(そろそろ寝る準備)

冬の朝は寝室の布団の中からリビングのエアコンをON

スマホからIRKit経由でリビングのエアコンを操作できると、冬の朝が本当に助かる。

これも時刻で自動化しちゃってもいい気もするけど、間接照明と違ってエアコンは電気代がちょっと気になるので、今のところONは自動化してない。

4. Macからの操作

BitBar

自宅ではMacの前にいることが多いので、MacのメニューバーからもIRKitを操作できるようにしている。とても便利。

BitBar というツールを使うとMacのメニューバー上で任意のスクリプトを実行することができるので、これを使っている。(公式のMac用ランチャー もあるので普通はこっちを使えばいいと思う。)

実際にIRKitに信号の送出を命令するためのShell Scriptは以下のような感じ。ただのcurlのワンライナー。

#!/bin/sh

curl -i "http://192.168.xxx.xxx/messages" -H "X-Requested-With: curl" -d '{"format":"raw","freq":38,"data":[4878,5408,1514,1798,1514,1798,1514,3968,1463,3968,1463,3968,1463,3968,1463,1738,1567,1738,1567,65535,0,42612,4878,5408,1514,1927,1463,1927,1463,3834,1514,3834,1514,3834,1514,3834,1514,1861,1463,1861,1463]}'

HaxWithFlic

Flicはもともとスマホアプリを母艦にして使う製品だけど、APIが公開されていて HaxWithFlic というMac用のアプリもある。

初めはiPhoneを母艦にして使ってたけど、なぜかflicボタンとiPhoneのbluetoothペアリングがしょっちゅう切れて使い物にならなかった(多分iPhoneの問題)ので、常時起動してるMacを母艦にしたらとても快適になった。

下図のような感じで任意のスクリプトをアクションとして割り当てられるので、BitBarで使ってるShell Scriptをそのまま使い回せたのも嬉しい。(iPhoneのflicアプリでアクションにHTTPリクエストを割り当てるの地味にめんどくさかった)

おまけ:flicボタンでMacからBGMを再生

ついでにflicボタンでBGMの再生/停止を制御できるようにしてみた。osascriptコマンドを使ってiTunesを制御するShell Scriptを書いただけ。

MacのボリュームをセットしてiTunesの「BGM」というプレイリストをランダム再生 (クリック)

#!/bin/sh

osascript -e 'set Volume 1'
osascript -e 'tell application "iTunes"' -e "set new_playlist to \"BGM\" as string" -e "play playlist new_playlist" -e "end tell";
osascript -e 'tell application "iTunes" to set shuffle of current playlist to 1';

iTunesの再生を停止 (ダブルクリックまたは長押し)

#!/bin/sh

osascript -e 'tell application "iTunes" to stop';

これで、flicボタンを押すと小気味良いジャズが流れ出すという謎のおしゃれ仕様になったw


このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の現在のテレビ周りのソリューションを晒してみます。どこかの誰かの参考になれば。

ライフスタイル

  • テレビ番組は録画経由でしか見ない
  • 見たい番組はそんなに多くない
  • 録画した番組の多くは1.5倍速で見る
  • 映画やアニメを大画面&そこそこいい音で見たい

機材

1. テレビとスピーカー

BRAVIA KJ-55X8500C

前のテレビは40インチだったけど、55インチに変えたらかなり迫力アップした。ベゼルも細くてかっこいい。

HT-XT1

オーディオオタクじゃないのでスピーカーは低音がそれなりに出せれば十分だった。5.1chとかにするとモノが増えて鬱陶しいのでこれぐらい簡素なほうが良い。テレビとの接続もHDMIケーブル一本なのですっきり。

2. 周辺デバイス

nasne

ここにも書いたけど、nasneが本当に大好き。スマホアプリ(torne mobile)の操作性が良すぎて録画予約とか視聴済み番組のまとめて削除とかが死ぬほど捗る。BDレコーダーのモッサリUIにはもう戻れる気がしない。(最近の機種がどれぐらいよくなってるか知らないけど)

PS Vita TV

nasneで録画した番組はDLNA経由でテレビから普通に見れるんだけど、個人的に1.5倍速再生がどうしても欲しかったのでnasneクライアントにするためだけにPS Vita TVを買った。PS3/4を持ってる人はそれでいいと思う。

Apple TV

もう、ないと生きていけない。後述するけど、ほぼNetflixとPlexのため。

最近のAV機器では当たり前だけど、HDMI-CECで動作が連動するのがとても気持ちいい。Apple TVをスリープ解除すると自動でテレビとアンプの電源がついてテレビのチャンネルが勝手にApple TVに合わさるとか、Apple TVをスリープさせると自動でテレビとアンプの電源も落ちるとか。

無線LAN中継機

nasneが有線LANにしか対応してないのでしょうがなく置いてる。無線がボトルネックになって再生が詰まるとかは全然ない。

3. リモコン

BDリモコン

テレビ、アンプ、PS Vita TVの3つはBDリモコンで操作してる。でもテレビもアンプもほとんど操作することないので、実質PS Vita TV操作用。

PS Vita TVはHDMI-CECに対応してるので、起動後はテレビのリモコンでも操作できるんだけど、起動だけは本体のスイッチを押す必要があって、どうしても不便だったのでBDリモコンを買った。これの「PS」ボタンを押せばPS Vita TVが立ち上がってテレビのチャンネルも勝手に変わってくれる。便利。

テレビやアンプの型番によってはBDリモコンとの連携に設定が必要(参照

Siri Remote

Siri Remoteの操作性は本当にすごい。これはもうリモコンの完成形と言って差し支えない。

torne for tvOSが出てくれればPS Vita TVもBDリモコンも捨てて「リビングにあるリモコンはSiri Remoteだけ」という理想郷のような状態になれるので、そんな日が来ることを心から願っている。

4. アプリケーション

torne PS Vita TV (PS Vita TV)

PS Vita TVにはこのアプリしか入れてないし、常にこのアプリ起動しっぱなし。完全に純粋なnasneクライアントとして使ってる。

Netflix (Apple TV)

映画とかアニメとか好きなので暇さえあればNetflix見てる。こんだけ見れて月700円はマジで安いと思う。

Plex (Apple TV)

自宅の常時起動してるPCをサーバーにして、手持ちの動画ファイルをNetflixとかみたいなストリーミングサービスっぽいUIで見れるようにしてくれる神アプリ。

AbemaTV (Apple TV)

ニュースチャンネルで24時間ニュースやってるので、隙間時間とかにBGM代わりに垂れ流してる。

torne、Netflix、Plex、AbemaTVとも、スマホアプリもあるので、寝室やお風呂でスマホで見ることも多い。

ケーブルオーガナイズ

テレビボードの裏に雨どいを装着して、ケーブルを雑に受け止めるようにしてある。全く手間が掛からずケーブルの増減にも対応しやすいおすすめのライフハック。

裏側を見ると乱雑な印象を受けるかもしれないけど、普段は全く目につかないし、正面から見るとボードの下には全くケーブルがなくて見た目もきれいだし掃除もしやすい。