我が家の現在のテレビ周りのソリューションを晒してみます。どこかの誰かの参考になれば。

ライフスタイル

  • テレビ番組は録画経由でしか見ない
  • 見たい番組はそんなに多くない
  • 録画した番組の多くは1.5倍速で見る
  • 映画やアニメを大画面&そこそこいい音で見たい

機材

1. テレビとスピーカー

BRAVIA KJ-55X8500C

前のテレビは40インチだったけど、55インチに変えたらかなり迫力アップした。ベゼルも細くてかっこいい。

HT-XT1

オーディオオタクじゃないのでスピーカーは低音がそれなりに出せれば十分だった。5.1chとかにするとモノが増えて鬱陶しいのでこれぐらい簡素なほうが良い。テレビとの接続もHDMIケーブル一本なのですっきり。

2. 周辺デバイス

nasne

ここにも書いたけど、nasneが本当に大好き。スマホアプリ(torne mobile)の操作性が良すぎて録画予約とか視聴済み番組のまとめて削除とかが死ぬほど捗る。BDレコーダーのモッサリUIにはもう戻れる気がしない。(最近の機種がどれぐらいよくなってるか知らないけど)

PS Vita TV

nasneで録画した番組はDLNA経由でテレビから普通に見れるんだけど、個人的に1.5倍速再生がどうしても欲しかったのでnasneクライアントにするためだけにPS Vita TVを買った。PS3/4を持ってる人はそれでいいと思う。

Apple TV

もう、ないと生きていけない。後述するけど、ほぼNetflixとPlexのため。

最近のAV機器では当たり前だけど、HDMI-CECで動作が連動するのがとても気持ちいい。Apple TVをスリープ解除すると自動でテレビとアンプの電源がついてテレビのチャンネルが勝手にApple TVに合わさるとか、Apple TVをスリープさせると自動でテレビとアンプの電源も落ちるとか。

無線LAN中継機

nasneが有線LANにしか対応してないのでしょうがなく置いてる。無線がボトルネックになって再生が詰まるとかは全然ない。

3. リモコン

BDリモコン

テレビ、アンプ、PS Vita TVの3つはBDリモコンで操作してる。でもテレビもアンプもほとんど操作することないので、実質PS Vita TV操作用。

PS Vita TVはHDMI-CECに対応してるので、起動後はテレビのリモコンでも操作できるんだけど、起動だけは本体のスイッチを押す必要があって、どうしても不便だったのでBDリモコンを買った。これの「PS」ボタンを押せばPS Vita TVが立ち上がってテレビのチャンネルも勝手に変わってくれる。便利。

テレビやアンプの型番によってはBDリモコンとの連携に設定が必要(参照

Siri Remote

Siri Remoteの操作性は本当にすごい。これはもうリモコンの完成形と言って差し支えない。

torne for tvOSが出てくれればPS Vita TVもBDリモコンも捨てて「リビングにあるリモコンはSiri Remoteだけ」という理想郷のような状態になれるので、そんな日が来ることを心から願っている。

4. アプリケーション

torne PS Vita TV (PS Vita TV)

PS Vita TVにはこのアプリしか入れてないし、常にこのアプリ起動しっぱなし。完全に純粋なnasneクライアントとして使ってる。

Netflix (Apple TV)

映画とかアニメとか好きなので暇さえあればNetflix見てる。こんだけ見れて月700円はマジで安いと思う。

Plex (Apple TV)

自宅の常時起動してるPCをサーバーにして、手持ちの動画ファイルをNetflixとかみたいなストリーミングサービスっぽいUIで見れるようにしてくれる神アプリ。

AbemaTV (Apple TV)

ニュースチャンネルで24時間ニュースやってるので、隙間時間とかにBGM代わりに垂れ流してる。

torne、Netflix、Plex、AbemaTVとも、スマホアプリもあるので、寝室やお風呂でスマホで見ることも多い。

ケーブルオーガナイズ

テレビボードの裏に雨どいを装着して、ケーブルを雑に受け止めるようにしてある。全く手間が掛からずケーブルの増減にも対応しやすいおすすめのライフハック。

裏側を見ると乱雑な印象を受けるかもしれないけど、普段は全く目につかないし、正面から見るとボードの下には全くケーブルがなくて見た目もきれいだし掃除もしやすい。