作ったもの

こんな机。

image

壁際に立てたツーバイ材にチャンネルサポート(ダボレール)を付けて、棚を吊るす形で机にしたもの。

紛らわしいですが、右端の白い棚は備え付けの棚で今回作ったものとは全く関係ないですw

ちなみに、今回は机ということで強度的な安心感が欲しかったので、ツーバイ材と天井の間はアジャスターボルトでしっかり締められるようにしましたが、そんなに耐荷重が要らない普通の棚なら、ディアウォールPillar Bracketなどの便利なアイテムを使うのがいいと思います。

材料・工具

image

材料

Amazonで買えたもの

TRUSCO アジャスターボルトM10×50NF型
トラスコ中山(TRUSCO)
売り上げランキング: 1,055
H-45-B ソファーのすべり止めゴムマット(4枚) 6031h
アーランド
売り上げランキング: 633
ロイヤル 木棚受 A-32/33 クローム 【400mm】 左右 2本セット
(株)ロイヤル
売り上げランキング: 9,314

爪付きTナットは2個あればいいんですが、Amazonでは100個入りしか売ってませんでしたw ソファーのすべり止めゴムマットは、ゴムマットならなんでもOKです。Amazonで買えるものから面積が足りそうなものを選んだらこれになりました。チャンネルサポートは左右の柱に2本ずつ、合計4本です。

Amazonで買えなかったもの

  • 木材
  • ネジ

木材

http://shop.woodworks-marutoku.com/ ここで購入しました。加工にも対応してもらえるので便利です。注文してから届くまでには1週間ぐらいかかります。

************************************************************
☆☆ 商品内容とお届け ☆☆

ノースパイン(赤松) 集成材(積層材)フリーカット       025*0450*0900mm |  | 用途:三方向使用
単価:2,890 円      数量:1    金額:2,890 円
ツーバイ材 38 X 89 X 2420 SPF        **mm | 他加工:2枚とも、長さ2075mmにカットをお願いします | 用途:
単価:800 円        数量:2    金額:1,600 円
加工費     **mm | カット代 | 用途:
単価:80 円 数量:2    金額:160 円

送料
単価:1600 円       数量:1    金額:1600 円

--------------------------------------------------------
税込金額                    6,250 円

************************************************************

↑実際の注文内容です。集成材のノースパイン(赤松)を25x450x900(天板用)と、ツーバイ材の2420を2本。

ネジ

ホームセンターで適当に買ってきました。サイズが合ってれば何でもOKです。

image

工具

BOSCH(ボッシュ) 10.8Vバッテリー振動ドライバードリル PSB10.8LI-2
BOSCH(ボッシュ) (2015-11-04)
売り上げランキング: 1,826
E-Value 六角軸木工ドリルセット 8Pcs
イーバリュー(E-Value)
売り上げランキング: 39,864
GREATTOOL ゴムハンマー・黒 16オンス
GREATTOOL (2011-08-16)
売り上げランキング: 8,758
トップ 超薄スパナセット CU-5000
トップ工業
売り上げランキング: 12,576

ハンマーは普通のカナヅチでもいいですが、ゴムハンマーだと金属音がしないのでオススメです。ドリルは10mm、スパナは17mmがあれば今回はOK。

作り方

まず、木材は適当にヤスリで磨いておきます。

磨いたら、ツーバイ材の上部の中心に10mmの穴を開けます。

image

爪付きTナットをハンマーで打ち込みます。

image

こんな感じでアジャスターボルトが刺さるようになります。(今はまだ刺さなくてOK)

image

あと、これは別になくてもいいのですが、ホームセンターでたまたま見かけたので買ってみました。手で絞めれてちょっとだけ便利。

image

ツーバイ材にチャンネルサポートをねじ止めします。

平行に、また高さがずれないように、慎重に付けてください。これがずれているとあとで棚をセットするときに上手くハマらなくて焦ります。 しかし、どんなに気をつけても完璧に平行には多分ならないです。高ささえ合っていれば、完璧に平行じゃなくても多少強引にやれば棚はハマりますのでご安心を。

image

image

ではいよいよツーバイ材を壁に固定します。

ゴムマットをカッターとハサミで頑張って適切な大きさにカットしましょう。この作業だけで腕がパンパンになります。

image

地面とツーバイ材の間にゴムマット、アジャスターボルトと天井の間にゴムマット、です。 垂直に、正しい距離で固定するのは案外大変ですが、頑張ってください。

image

天井のアジャスターボルトはスパナでしっかり締めてください。

image

ちなみに、ツーバイ材は壁にベッタリではなく、あえて地面側を少し(1.5cmほど)手前にずらして固定してみました。(壁に立てかけたような形)

机の重みで柱ごと手前に倒れてくるのを少しでも防げるかな?という意図ですが、かえって木に変な力が掛かって良くないかも、とも思います。素人なので判断できませんw 少なくとも今のところ特に問題はなさそうな感じです。

image

では次に、机部分を作ります。棚板の裏面に、棚受をねじ止めします。チャンネルサポートの間隔とピッタリ合うように距離を調整してください。

image

image

image

あとは棚受をチャンネルサポートにぶっさせば完了です!

微妙にずれていて上手くハマらない!というときは、ちょっと強引にはめてみてください。木自体が多少は曲がるので、ある程度のずれなら強引にやればハマると思います。

image

パソコンを置いてみた状態はこんな感じです。

image

今はさらに上にも棚板をつけて、こんな感じになってます。

image

おわりに

初めてにしてはまあまあ上手くできたかなと思います。

2か月ぐらい使ってますが、今のところ特に問題なさそうです。初めのうちは天井のアジャスターボルトをたまに確認して締め直したりしてました。多分、木自体が多少曲がったり縮んだりしてゆるくなってたんじゃないかと想像します。皆さんも作られた際はお気をつけください。

それでは、よいDIYライフを。